スキルを売りましょう!

サラリーマンを定年まで勤めあげて、リタイアした後どうなるか?

現役の方はまだまだ先のことだから、関係ないと思っていますか?

サラリーマン時代に技術職だった方は、リタイアした後も結構つぶしが効きます。

でも、営業職やマネジメント職だった方はどうでしょう?

自分がサラリーマン時代に培ったスキルを使って、再就職や独立ができるでしょうか?

業種や職種を選ばないなら、再就職できるかもしれません。

が、自分のスキルを活かした再就職や独立はなかなかハードルが高いと思っていませんか?

僕もそうでした。現役の時はマーケティングや製品開発を担当し、そこそこわかったつもりでいました。

ところが実際に企業の看板を下ろした途端、本当に世間で認められるのか?

または自分のスキルは通用するのか?といったことで不安になります。

しかし独立してからいろいろな方と協業してきて、驚いたことが度々あります。

「えっ!?こんな事、常識でしょ!」と思ったことが何度も起こりました。

そうです。

サラリーマン時代のスキルは、その会社の中では「当たり前で、誰もができる事」なのに、外に出ると意外とありがたがられたりするのです。

僕の場合は・・・

・見込客の獲得方法

・消費者ニーズの探索方法

・広告・宣伝の仕方

・体系的なマーケティング戦略の立て方 などなど

要するに、自分が得意な分野の知見は、同業者以外であれば、顧客との間で「仕事」になるという発見でした。

だから自信をもって自分のスキルを売りましょう!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA