ストーリーを語ろう!

わが社の商品は他社の製品より絶対に優れている(または美味しい)のにお客様はどうしてわかってくれないのか?

値段だってよそと大差ないし、いやむしろ安いくらいだ。

品質だって決して他社に負けていない。

商品が良くて、値段も変わらないのにどうして買ってくれないのだろう?

宣伝が足りないのだろうか?もっと宣伝費をかけたほうがいいのだろうか?

もう何をやったらいいのかわからなくなって、頭を抱えて困っている社長さんがいます。

何が足りないのでしょう?

足りないものは何もありません。

ただ、エピソードなどの情報の伝え方がまずいだけです。

お客様がお金を払う、つまり購買をするのは理性ではなく、感情です。

感激したり、感動するとついつい買ってしまうのです。

では何に感動するのでしょう?

それは、商品にまつわるストーリーにです。

しかしストーリーを語ればそれでいいということでもありません。

ストーリーを語るには次の3点を意識して語らないとうまくいきません。

誰に語る?

何を語る?

何処で語る?

お客様は感動したいと思っています。

臆せず商品が持つ、あなたしか知らない物語を語りましょう!

まずは商品を売ることを意識するより、あなたとあなたの商品を理解してもらう事が先です。そうすれば、お客様は必ずあなたの商品が欲しくなります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA