締め切りがヤバイ!

広告の反応が悪い原因って何だと思いますか?
どんな理由で人は、広告の商品を買わないのでしょうか?

ぜひ、自分に置き換えて考えてみてください。自分がFacebookを見ている時、広告が出てきますよね。その商品を買うか、買わないか?買わないなら、なぜ買わないのでしょうか?

広告で売れない理由、それは「今、買う必要がない」からです。

ほとんどの人は、広告を見て「良いな」と思っても、ちょっとしたことで「また今度でいいか」と、先延ばしにしてしまう生き物なんです。そして、お気づきのとおり、「また今度でいいか」と離脱してしまったお客さんは、もう二度とあなたのページに戻ってくることはありません。

要するに、広告では、『今』買ってもらうことが、とても 重要なんです。「また後でいいや」ではダメなんです。今買うべき理由、今行動してもらうことが、反応をあげるためにとっても重要なことです。

だからこそ、今買うべき理由を広告で伝える必要があります。
先延ばしにさせないために、「今買わなければいけない理由」を広告の中で伝えるんです。その理由が強ければ強いほど、広告の反応は上がっていきます。

例えば、代表的なものだと、デッドライン(締切)を作るという方法。

「○月○日まで!送料無料」と広告で伝えれば、少なくとも商品を「良いな」と思ってくれた人は、「今のうちに買っておこう」という反応になりやすくなります。「明日まで50%オフ」と伝えていれば、商品に興味があった人は、「ラッキー!今のうち!」となりやすくなりますよね。

他にも、商品はいつでも買えるものだったとしても、その「特典」を期間限定にするという方法もあります。「○ 月○日までなら、この特典もセットでご提供」と伝えれば、ただ商品を販売するよりも、今買う理由は強くなるでしょう。

さて。では、ご自身の広告を見直してみてください。

今、買わないといけない理由は伝えられているでしょうか?
「また今度でいいや」と思われないでしょうか?

どうやって、「今買うべき理由」をお客さんに伝えますか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA